ウィッグの巻き方

ウィッグの巻き方

ウィッグ,巻き方

 

ウィッグには正しい装着方法や巻き方があります。
適当に扱ってしまうとダメになってしまうのも早いです。

 

ここではウィッグの巻き方について紹介していきます。

 

 

正しい巻き方を覚えてウィッグで可愛くアレンジしましょう。

 

 

巻きつけを開始

130℃位に設定し、毛束をコテに挟まずに巻きつけていきます。
アイロンを床と平行にして、根元から毛先にむけて巻きつけてください。
毛先から巻くと毛先が極端にきつく、中間・根元がゆるくなるので注意が必要です。

 

加温時間

point1のように、巻きこんだ毛束の毛先のみをコテに挟みます。
耐熱ファイバーは熱伝導が早いため、巻きつける量にもよりますが、約10秒の加温でカールがつきます。

 

point2にて約10秒加温してつくったカールを形状を崩さないようにゆっくりと手の平に落とします。

 

放出時間

手の平にのせてこちらも約10秒程度冷まします。
完全に冷ましたほうが形状が長持ちするので、10秒は目安で冷めるまで維持してください。

 

完成

ヘアアイロンで巻いたウィッグは少しパサつきが気になる場合があります。
気になる場合は、ツヤだしスプレーなどをご利用して工夫すると上手にできあがります。

 

カールのもどし方

アイロンなどで巻いたつけたウィッグは、時間が経つとカールがとれてきますが、スタイルは持続します。
ウィッグのカールは水で濡らしただけではとることはできません。

 

カールをもどしたい場合やストレートに変えたい場合は、ウィッグ全体に霧吹きで水分をたっぷり含ませましょう。
ウィッグ専用ブラシでとかしながら、少しずつストレートアイロンで ウィッグのカールをもどしてください。
※水分を含んでいるので熱くなった水滴で火傷する人もいるので、ストレートアイロン使用の場合特に気をつけて下さい。

 

 

トップページへ戻る